義歯

ゆめの森歯科でご提供する義歯(入れ歯)について

虫歯や歯周病、または思わぬ事故で歯を失うことがあります。失った歯は補う必要があり、その治療法(補綴治療)の一つとして、もっともポピュラーな方法が入れ歯です。

入れ歯には一部の歯を失った場合に用いる「部分入れ歯」と、すべての歯を失った場合に用いる「総入れ歯」があります。

部分入れ歯
部分入れ歯
数本単位の入れ歯で、残存歯に金属のばねを掛けて固定します。
総入れ歯(下)
総入れ歯
すべての歯を補うための入れ歯です。歯ぐきに当たる部分を「床」といい、床の素材をどういうものにするかによって装着感が違います。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険が適用される保険治療の入れ歯と保険が適用されない自費治療の入れ歯があります。

保険治療の入れ歯は素材が選べず、すべてレジンでできた入れ歯になります。一方、自費治療の入れ歯は種類も豊富で、審美性・機能性が高い入れ歯になります。

  保険治療の入れ歯 自費治療の入れ歯
メリット
  • 保険適用のため費用が安い
  • 床が薄くて違和感が少ない
  • 人工歯の審美性がよい
  • 床の審美性がよい
  • 熱伝導率がよく食事がおいしい
  • 入れ歯の種類が豊富
デメリット
  • 床に厚みがあり違和感がある
  • 床に厚みがあり、食べものの熱を感じにくい
  • 審美性に劣る
  • 保険適用外のため費用が高い

当院では患者様のニーズに合った入れ歯をご提供いたします。今の入れ歯にトラブルがある方も、よりよいものにつくり替えられる場合がありますので、お気軽にご相談ください。

ゆめの森歯科の取り扱い自費入れ歯

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

ばねのないタイプの入れ歯です。歯ぐき部分には弾力性のある素材を使用しているためフィット感がよく、非金属のためアレルギーの心配がありません。素材自体も半透明なので大変審美性に優れています。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残存している歯根に磁性金属を取り付け、その上に磁石の付いた入れ歯を固定させる方法の入れ歯。ピタッとくっつき磁力が強力なため、ずれたり外れたりすることが少なくなります。また、審美性にも優れています。

金属床義歯

金属床義歯

床部分が金属でできた入れ歯です。保険治療のレジンの入れ歯に比べて薄くつくれるため、口腔内での違和感が少なく、食物の温度も伝わりやすいので、お食事もおいしく味わえます。また、強度にも優れていますので、安心してお使いになれます。

ゆめの森歯科ではゴールド、チタン、コバルトクロムといった金属による低アレルギー性の金属を使った金属床義歯を取り揃えています。