一般歯科

なるべく削らない虫歯治療

なるべく削らない虫歯治療

虫歯とは、プラークに潜む虫歯菌が食べかすに含まれる糖分をエサに酸を出し、その酸によって歯が溶かされる病気のことです。虫歯は一度なったら自然に治ることがないうえに、最終的に抜歯せざるをえなくなるため、虫歯が疑われたらできるだけ早い治療が必要になります。

以下では、虫歯の進行段階と段階ごとの一般的な治療法をご紹介します。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

ごく初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治癒が期待できます。

C1
【エナメル質の虫歯】

エナメル質の虫歯

エナメル質がさらに溶け、黒ずんだ状態。まだ痛みはありませんが、冷たいものがしみることがあります。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)で補います。

C2
【象牙質の虫歯】

象牙質の虫歯

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛みます。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)を詰めます。

詰め物

C3
【神経まで達した虫歯】

神経まで達した虫歯

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになり、何もしていなくてもズキズキと激しく痛みます。 感染した神経などを除去し、神経などが入っていた「根管」の内部を消毒して薬剤を詰める治療(根管治療)を何度か行い、クラウン(被せ物)を被せます。

被せ物

C4
【歯根まで達した虫歯】

歯根まで達した虫歯

歯根まで虫歯に冒された状態。一旦痛みはなくなりますが、歯根に膿が溜まると再び痛みます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

ゆめの森歯科のなるべく削らない虫歯治療

通常の虫歯治療といえば、患部とその周辺の歯を削って詰め物をするという、患部を削って無菌化していく治療法。しかし、この治療法の場合、悪化した虫歯ほど削る範囲が広くなり、歯にダメージを与えてしまいます。また、歯を削っても完全に無菌化することは難しく、詰めものの下で再び虫歯が発症したり、歯の根に膿がたまって激痛をともなったりすることもあります。

そのため「ゆめの森歯科」では、虫歯治療における歯へのダメージを最小限に押さえる治療を心がけています。

虫歯になる人、ならない人の違い

ブラッシングを一生懸命やっているはずなのに虫歯になってしまうという人と、ブラッシングが適当なのに虫歯にならない、という人がいます。その違いは、1つとして、だ液の質が関係しています。だ液には虫歯を引き起こす酸を中和する働きがあり、その能力が優れていれば虫歯になりにくいのです。細菌・唾液検査をする事により、虫歯・歯周病等へのリスクを把握する事が出来ますので一度院外になりますが、検査を受けてみるといいでしょう。