歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、歯の根元に付着するプラーク(バイキンのかたまり)や歯石に棲み付く歯周病菌が出す毒素によって歯周組織が破壊される病気。歯ぐきに炎症が起きるだけではなく、歯を支える顎の骨が溶かされるため、歯を支えることができず、歯はぐらぐらになり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯が抜ける原因の第1位「歯周病」

日本の成人の約8割が歯周病であるか、その予備軍というデータがあり、日本人が歯を失う原因の第1位は、歯周病といわれています。歳をとれば誰でも歯がなくなるもの、と思われがちですが、歯が抜ける原因は年齢のせいではなく、実は歯周病であることがほとんどなのです。

歯周病は早期発見が大切

歯周病は初期での自覚症状がほとんどないため、気付いた時にはかなり重症化していることもあります。歯ぐきから血が出る、口臭がする、歯がぐらつくなどの症状は歯周病の可能性がありますので、気になる症状がありましたら早めに受診しましょう。

歯周病の進行について

健康な時
  • 歯ぐきは健康的なピンク色
  • 歯ぐきには弾力があり、引き締まっている

歯肉炎
  • 歯ぐきが赤みを帯びてくる
  • ブラッシングすると出血する
  • 歯ぐきが腫れる
  • 歯周ポケットにプラークがたまり、さらに深くなる

歯周炎
  • 歯ぐきが赤紫色になってくる
  • 出血がひどく、膿が出る
  • 強い口臭がある
  • 歯ぐきが腫れる
  • 歯と歯の間に隙間ができて歯が長く見えてくる

歯周病が及ぼす悪影響

糖尿病の患者さんが歯周病になりやすいといわれていますが、逆に、歯周病の患者さんは、血液やだ液を通じて糖尿病をはじめとした全身疾患を発症しやすいというデータがあります。歯周病は「単なる歯ぐきの出血」と思わず、歯周病かな?と思ったらすぐに受診しましょう。
歯周病原菌が全身へ影響を及ぼしていることが、最近の研究で明らかになってきています。
ここでは歯周病が引き起こすといわれる病気をご紹介します。

糖尿病

糖尿病と歯周病の因果関係が厳密に解明されているわけではありませんが、糖尿病の患者さんは免疫機能が低下しているため、歯周病などの感染症にかかりやすいことは確かです。糖尿病が歯周病を悪化させたり、また逆に歯周病が糖尿病を悪化させたりするといわれています。

心臓病

歯周病が悪化すると血栓ができやすくなり、心筋梗塞や動脈硬化などを引き起こすといわれています。
また、血栓部位から、歯周病原菌が検出されている研究データもあります。
お口の中の細菌が、血流を介して、全身へ流れてしまっています。

肺炎

歯周病菌がだ液を通じて気管に入ることで、肺炎になることがあるといわれています。特に、高齢な方の誤嚥性肺炎は注意が必要です。

早産・低体重児出産

歯周病の影響で陣痛に似た筋肉の収縮が起こるため、比較的高い確率で早産や低体重児の出産を引き起こすといわれています。

位相差顕微鏡による精密な歯周病検査

位相差顕微鏡による精密な歯周病検査

ゆめの森歯科では、位相差顕微鏡を使った歯周病の精密検査を行い、歯周病治療に役立てています。検査はお口の中の汚れを採取して顕微鏡検査をするだけの簡単なもの。これにより患者さんのお口の中の細菌の状況を拡大画面で詳細に見ることができ、原因菌の特定ができます。患者さんにとって、もっとも効果的な治療法を導き出せるのです。

ゆめの森歯科の歯周病治療

術前

術後

比較的軽度の歯周病であれば、「スケーリング」や「ルートプレーニング」などの比較的簡単な治療で症状の改善を図ります。ですが、歯周病が悪化し重度になると、歯を支える顎の骨が溶けていき、半分以上を失ってしまうことも。たとえ歯周病の原因菌をすべて取り除いても、溶けた後の骨は自然治癒しません。そのため当院では、溶けた歯を再生させるためにGTR法やエムドゲイン法といった外科的な歯周病治療を行っています。