MV背景MV背景
スタッフブログ
座っている女の子
2022.09.21 | お知らせ

【✨ゆめの森歯科の想い✨】

みなさんこんにちは🙌

ゆめの森歯科いせはらスタッフです👩

今回は、ゆめの森歯科の紹介です🎶医院に足を踏み入れてみないとどんな医院なのか、なかなかわからないですよね👨‍🔬✨今日は、そんなゆめの森歯科をわかりやすく、徹底分析していきます❣❣❣

まず、【ゆめの森歯科】には、理事長先生のこんな想いが込められています😊

これは、遡ること10年前・・・、私がゆめの森歯科に入社したての頃、理事長先生にこんな質問をしました。

【理事長は、どんな想いを込めて、ゆめの森歯科を開業しましたか❓❓】

すると、理事長先生からは、こんな返答が返ってきました💡

『私には、学生時代からずっと憧れていた、ある総合病院がありました。その病院は、患者様を常に第一に考え、最新の設備が備わっていて、医療スタッフの意識も高く、たくさんの学ぶ環境も整い、患者様が選ぶ病院ランキングではいつも全国で上位に選ばれていました。歯科大学を卒業後、その入局試験に合格し、やっとの思いでその病院に入局することができました。その憧れの総合病院で、きっと毎日が楽しくて、たくさん勉強もできて、充実した日々が待っていると思い、ワクワクしていました。しかし、現実にはたくさん勉強ができ、いろいろな経験を積むことはできたのですが、とてもハードな日々が待っていました。日常の外来でも、一日に来院される患者様の人数は、歯科だけでも当時400名近く来院され、毎日の診療に追われて葛藤する日々でした。特に、小児歯科では、毎日、街の歯医者さんでは手に負えない歯科恐怖症の子供たちもたくさん紹介や来院され、暴れる子供たちと格闘しながらの診療を行ってきました。そこは、総合病院のため、ここで診られなければ、もうどこの歯科医院でも診てもらえないという最後の砦の歯科医院でした。それは、子どもたちだけでなく、その親御さん、また私たち医療スタッフにとっても辛い想いの中での診療でした。その日々の診療の中で、もっとそのような歯科恐怖症の子供たちにとって、はじめて出逢う歯医者さんが、明るく元気で、歯医者さんらしくない、楽しく通える歯科医院と出逢えていたら、こんなに辛い想いをして、怖くて、痛くて、行きたくないと思っている子供たちがいなくなるのではないか・・・そして、そのような歯医者さんが、いろいろな町にたくさんある必要があるのではないかと考えていました。また、来院される患者様だけでなく、そこで勤務する医療スタッフにとっても、夢や目標を掲げ、やりがいがあり、楽しい環境の中で、成長できる場所となり、教え育つ『教育』だけではなく、共に成長していけるような『共育』を目指せる医院が必要だと思っていました。そして、医院に関わるすべての方々の夢や希望が集まって、大きな森のように広がっていってくれることを願って、伊勢原市で『ゆめの森歯科』を開業しました。そのため、ゆめの森歯科は、普通の歯科医院にはないものを目指し、外観・待合室から、患者様がリラックスして来院できるような雰囲気作り、そして患者様へのおもてなし、質の高いコミュニケーション、安心して継続して来院していただけるように、患者様それぞれのしっかりとしたデータ管理、滅菌・消毒への徹底、最高の医療スタッフで、最強のチームワークをもって、最善の医療を提供できるような医院作りを目指していきたいと思っています。』

当時、まだ入社したばかりの私でしたが、そんな理事長の想いを聞いて、ゆめの森歯科の仲間になれたことに、とても感動しました😢✨✨✨

歯科医院は、今ではコンビニエンスストアより多いと言われ、そんな中でも、それぞれのクリニックカラーはあるかと思います。ゆめの森歯科が大切にしたいのは、

【子供たちに、歯医者さんをもっともっと好きになってもらうこと❕❕】

そのために、3歳頃までに歯科医院へ受診してもらい、自宅でできる予防処置、歯科医院で行う予防処置を行っていくことをおすすめしています。

仕上げ磨きのやり方や、歯医者さんのチェアに上手に座れるようになるためのトレーニング等、順を追って行っていきます😊🙌

歯医者さん嫌いのお子さんを少しでも減らせるように、ゆめの森歯科が楽しい場所になれるよう、これからもスタッフみんなで協力して、頑張っていきます🤗✨✨

ゆめの森の想いがこれからもずっと受け継がれて、もっともっと素敵な医院になってくれるといいなと思います🎵

 

お口の中のお困りごとがありましたら、いつでもご相談くださいね💕

これからも、【ゆめの森歯科】をよろしくお願いします❢❢❢