MV背景MV背景
スタッフブログ
座っている女の子
2022.11.11 | お知らせ

【放置は危険⁉歯周病🦷💦】

みなさんこんにちは🤗🤗🤗🤗🤗ゆめの森歯科スタッフです🎶

今日は、歯周病についてお話ししていきます🦷✨

『歯周病』はあまりなじみがない方もいらっしゃるかもしれませんが、歯周病は一般的には、『歯槽膿漏』と言われることもある、名前の通り、歯を支える周りの組織が病気になってしまうことです💦

なかなかお口の中の『むし歯』や『歯周病』を『病気』と結びつかせる方は少ないかと思います・・・。

歯周病が怖いのは、むし歯と違い、痛みなどのわかりやすい自覚症状が少ないことです。

むし歯は進行すると、痛みが出てきて、しまいには我慢できずに歯科医院へ・・・なんて方も多いと思いますが、歯周病は痛みがないまま歯が抜けてしまうことも、多くあります😢💦

歯周病で抜けてしまう歯

そのため、いつもと違うお口の中の違和感にはアンテナをはっておきたいところですね✨

歯周病の症状としてよく挙げられるのが、

①口の中がネバネバしてきた

口の中がネバネバ

②口臭が気になるようになった

口臭

③歯磨きをする時に出血する

歯磨きで出血

④歯がグラグラしてきた

歯がグラグラ

などです。

最近は、CMなどでも『歯周病』という言葉を聞くようになってきましたが、まだまだむし歯と比べると、歯周病予防への意識は高くありません😥

では、歯周病を予防するには、どういったことが大切になるのでしょうか❓❓

歯周病予防に大切なことは、汚れを残さないこと❕❕

歯周病は、口の中が常に炎症を起こしている状態を言います。

そのままにしていると、歯周病菌が歯肉の血管から全身に入り、様々な病気に繋がるリスクが高くなるのです😢お口の中だけでなく、全身にも影響する歯周病は、早めに予防できたら安心ですよね✨

歯周病が進行すると、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの境目の溝が深くなり、汚れがたまりやすくなることから、悪循環になると言えます。

そのために、歯周病予防として大切なのが、「毎日の歯磨き🪥😬」と、「定期的なクリーニング」です🦷✨

歯周病は、一度罹ってしまうと、基本的には元の状態に戻すことはできないと言われています。進行した歯周病は、歯を支えている顎の骨まで溶かすようになってきます。骨は溶けてしまうと元に戻すことは難しいため、歯周病は予防がとても大切になります。

ゆめの森歯科では、初診時に、患者様のお口の中の細菌を採取させていただき、虫歯菌やスピロヘータと呼ばれる歯周病菌がいないかチェックしています。

歯周病菌がこちらです↓↓↓↓↓

歯周病菌(スピロヘータ)

見えにくいですが、糸ミミズのように、細くうねうねしています😥💦💦

この歯周病菌がお口の中に増えると、歯周病は悪化していってしまうので、まずは自宅でもできるセルフケアとしての歯磨き、歯科医院で行う定期検診とクリーニングを行っていくことが効果的です❕❕

是非、今から予防をはじめていきましょう🎵🎵🎵