MV背景MV背景
スタッフブログ
座っている女の子
2022.09.13 | スタッフ体験談

【簡単にできるむし歯予防のポイント3つ💡❕❕❕】

みなさんこんにちは☺
ゆめの森歯科いせはらスタッフです🎵🎵🎵

今日は、みなさんが気になる【むし歯予防】に効果的なものを紹介します❕❕
むし歯予防っていつまで頑張ればいいの❓❓❓と疑問に思う方も多いと思います。
しっかり歯磨きを頑張っていたのに、むし歯になってしまう・・・・・なんてこともよくあります。
特に、むし歯で苦労されてきたお父さんお母さんは、『子どもにはむし歯で苦労させたくない❕❕』と相談を受けることも多いです。
では、お子様にむし歯を作らせない習慣て、実際何を頑張ればいいの❓❓❓と思いますよね。
【むし歯になりやすい時期】って、実はあるんです❕❕
歯が生えてから2~3年までがむし歯になりやすく、その時期までにむし歯ができずに予防ができると、むし歯になるリスクは減少します。
つまり、3歳までにむし歯ができなければ、その後むし歯になるリスクを減らすことができ、
お子さまを生涯むし歯ゼロで育てるためには、3歳までが一番重要な時期なんです❕❕
そして、8~9歳頃まで、しっかりとむし歯予防を行うことが大切です✨✨✨
『乳歯はいずれ抜けるから、むし歯になってもいいんじゃない❓❕』と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、乳歯にむし歯があるお子様は、永久歯もむし歯になる可能性が高いことがわかっています。
歯は、一度削ってしまうと、どんどん歯を削る範囲が大きくなり、最初は小さく削るだけでよかったのに、神経の治療になったり、最終的には歯を抜かなければいけなくなる・・・そんな、苦労する負のサイクルに入ってしまいます🌀💦💦

再治療サイクル

そのために、お子様のうちに、むし歯予防を行う必要があります💪✨✨

具体的にむし歯予防って、どんなことをすればいいのでしょうか❓❓❓
ポイントは3つあります💡

1⃣ フッ素の利用
2⃣ 飲食回数を守る
3⃣ 仕上げ磨き

【フッ素の利用】
歯が生えてから、2~3年間は、歯は、むし歯に対する抵抗力が弱いため、むし歯になりやすい時期となります。
むし歯予防で効果的なことが、フッ素の利用を習慣化することです。
ぶくぶくうがいができない子には、フッ素ジェルの塗布、うがいができるようになったら、フッ素洗口を行うと良いでしょう✨✨✨
フッ素の味が苦手なお子さんも多くいますが、ゆめの森でも取り扱っている『オラブリス(フッ素洗口)』は、味もにおいもしないので、味やにおいに敏感なお子さまでも、継続して使用することができると思います☺

オラブリス

顆粒タイプなので、専用ボトルに水で薄めるだけで簡単に洗口液を作ることができます。
もちろん大人の方も使用できるので、家族みんなでむし歯予防に取り組むのもいいですね❕❕
ゆめの森スタッフも、実際に使用しているメンバーが多くいます☺
3歳までに正しくフッ素を使って、むし歯ゼロ✨を達成しましょう🎵🎵

飲食回数

【飲食回数】
だらだら食べは良くないと聞いたことがあるかと思いますが、ついついやりがちですよね💦💦💦
例えば、移動の車中でのアメやラムネ、お風呂上りのジュース、宿題しながらのおやつ、脱水予防のためのスポーツ飲料・・・、これらが実はむし歯リスクを上げてしまっています。
水、お茶、牛乳以外の摂取を飲食回数に含めると、1日何回くらい摂取していますか❓
3歳以下のお子さまに砂糖を与えすぎると、【砂糖中毒】になり、やめられなくなってしまいます・・・。
そのきっかけとなりやすいのが、ジュースです🍹

食事をするたびにお口の中では、「脱灰(歯が溶け出すこと)」と「再石灰化(溶けた歯が元に戻ること)」が繰り返されています。
食後、お口の中は酸性に傾き、唾液の持つ中和する働きによって、徐々にpHが元に戻ります。
だらだら食べをすることにより、この脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、脱灰に傾くことにより、むし歯になりやすくなります💦💦💦

【仕上げ磨き】
仕上げ磨きは何歳くらいまで行うことが理想でしょうか❓❓
これは、できれば小学校3年生くらいまでは、仕上げ磨きを行うことをおすすめします✨
年齢が上がるにつれて、仕上げ磨きを嫌がるお子さまも増えてきますが、お子さまに任せたままでは、力が入りすぎてしまったり、同じところばかりを磨いてしまい、磨き残しがある・・・なんてこともよくあります。
自分自身でしっかりとケアができるようになるまで、仕上げ磨きを行っていただくことがベストです☺

このようなことから、むし歯にならないための予防には、歯科医院で行うケアと、患者様ご自身で行うケアの両方がとても大切になります。
まずは、3歳までに歯科医院で定期的に検診を受け、むし歯のチェックやクリーニング、フッ素塗布、日頃の正しいセルフケアを聞くことで、むし歯リスクの減少にもつながります。

生涯、健康で生きていくために、食事をしっかり摂るための【ご自身の歯】はとても大切です❕❕
80歳まで20本の歯を残すために、是非むし歯予防を頑張っていきましょう🎵🎵

気になることがあれば、いつでもゆめの森歯科いせはらへご相談くださいね☺✨✨✨