MV背景MV背景
診療案内 虫歯治療

痛みやしみる感覚、歯の変色などを引き起こす虫歯。虫歯の症状が進行すると痛みや腫れといった症状だけでなく、最悪の場合には抜歯の処置が必要になります。

虫歯がある場合にはできるだけ早く歯科治療を受け、虫歯の進行を食い止めることが何よりも大切です。ゆめの森歯科では患者さまの現在のお口のご状態と虫歯の進行度合いに合わせた虫歯治療をおこなっています。

症状が気になる方は、ぜひご相談ください。

イラスト(花・座っている女の子)花

虫歯治療とは

虫歯には進行性が強く、最終的には抜歯せざるを得ない状況になる場合があります。歯垢(プラーク)に潜む虫歯菌が、食べ物に含まれる糖分と合わさって酸を出し、歯を溶かしてしまうためです。

痛みを感じたり歯に穴が開いたり、冷たいものや熱いものを摂取したときに、しみるような感覚を覚えたり、自覚症状がわかりやすい病気である一方、「まだ大丈夫」「もう少し様子をみてから歯医者に行こう」と思ってしまう方が少なくありません。

しかし、現状からの症状の進行を防ぐためには、可能な限り、早い段階で適切な治療と予防を意識することが大切です。

虫歯の進行具合によって対応が異なります。ご自身の状態にあてはまるものがないか、以下の項目から確かめてみましょう。

虫歯はどのように進行する?

虫歯の進行具合によって対応が異なります。
ご自身の状態にあてはまるものがないか、以下の項目から確かめてみましょう。

C0

ごく初期の虫歯です。歯の表面にあるエナメル質が溶け始め、よく見ると白く濁った状態になっている様子が確認できますが、この時点では痛みを感じないケースがほとんどです。歯科医院・クリニックでフッ素を塗布したりご自身での丁寧なブラッシングを心がけたりすれば、進行を防ぐことができます。

C1

エナメル質が、ダメージを受けた状態の虫歯です。初期段階の虫歯よりエナメル質が溶けた様子が確認でき、色も黒ずんでくる場合があります。まだ痛みを感じないものの、「冷たいものがしみる」という感覚がしてくることがあります。虫歯に侵された場所を削り、レジンで覆って欠損部分をカバーします。

C2

エナメル質に覆われている象牙質が、ダメージを受けた状態の虫歯です。冷たいものや甘いものを食べたり飲んだりすると、しみるような感覚と痛みを覚えるようになります。虫歯に侵された場所を削り、インレー(詰め物治療)やレジンで欠損部分をカバーします。

C3

神経がダメージを受けた状態の虫歯です。「何もしていなくてもズキズキとした痛みを感じる」「熱いものがしみる」など、深刻な自覚症状に悩まされるようになります。この段階にまで進行すると、虫歯によって感染した神経を取り除いてから根幹治療(歯根の内部を消毒し、薬剤を詰める治療)をおこない、インレーやクラウン(被せ物治療)で欠損部分をカバーします。

C4

歯根がダメージを受けた状態の虫歯です。一時的に痛みを感じなくなるものの、しばらくすると、歯根に膿がたまって激しい痛みを感じるようになります。この段階にまで進行すると、抜歯が必要です。一旦歯を抜き、入れ歯やブリッジ、インプラントで欠損部分をカバーしていきます。

症状が深刻化する前に、早めの治療と予防を始めましょう

虫歯は進行すればするほど自覚症状が深刻化し、それに対する治療法も複雑化します。治療法が複雑化すると患者さまにとっての負担が大きくなるため、少しでも負担を軽減するためには早い段階から治療を始めることがとても大事です。

また一度治療が完了しても楽観視せず、普段からの丁寧なブラッシングを心がけ、症状の進行とさらなる虫歯の発症を防いでいきましょう。

このような症状が出たら、ご相談ください

  • 冷たいものを食べたり飲んだりすると、歯がしみる
  • 歯が痛い
  • 歯が変色している/穴が開いている
  • 一度虫歯治療を受けたけれど、また痛みが出てきてしまった
  • 歯の痛みが激しくなってきた

上記のような症状に心当たりがありましたら、ぜひ一度当院にご来院ください。
状態がさらに悪化する前に適切な治療を受け、歯の健康を守っていきましょう。

当院の虫歯治療

ゆめの森歯科の虫歯治療では、「なるべく削らない」「治療後も患者さまが快適に過ごせる対応をする」治療に努めています。

1.なるべく削らない治療です

一般的な虫歯治療では、虫歯によってダメージを受けた場所を削り、状態に合わせた処置をしますが、削ることで歯へのダメージが高くなるリスクもあります。また、歯を削っても虫歯が進行したり、膿がたまって激痛が出たりするリスクも、否定できません。

当院ではこのようなリスクを避けるため、なるべく歯を削らない治療をおこなっていきます。患者さまの歯と健康への負担を抑え、適切な処置を進めていきます。

2.治療後の健康状態に配慮した治療です

当院では、噛み合わせや義歯について、高い専門性を持つ歯科医師から直接指導を受け、日々の虫歯治療に活かしています。虫歯の治療では、詰め物や被せ物、義歯をつけて終わりではなく、「患者さまが治療後に健康的かつ快適に過ごせる」ことも大切なポイントとなります。

そのことを深く理解し、当院では患者さま一人ひとりに適切な詰め物・被せ物治療や義歯をご用意し、違和感や不快感を抑えて過ごしていただけるような処置をおこなっています。

虫歯治療の流れ

当院の虫歯治療の流れは、以下のようになります。

ご来院

ご来院

ご予約後、ご来院ください。当院では、患者様になるべくお待ち頂かないようにするため、事前のご予約をおすすめしております。お電話でもご予約を受け付けております。ご予約の際に症状や状態についてお伝えください。

検査

検査

虫歯の症状や状態についてお伺いした後、担当医師及び歯科衛生士が患者さまの虫歯や歯茎の状態などを確認します。その後、症状や状態に合わせた治療方針を決めていきます。

治療開始

治療

虫歯の症状や状態に合わせ、治療をおこないます。また、日々のブラッシングやデンタルケアの必要なポイントについてもお伝えします。

イラスト(花・座っている女の子)

ゆめの森歯科からのメッセージゆめの森歯科からのメッセージ

歯は私たちの身体のなかで、とても大切な一部であるものの、ほんの少しの油断とケア不足によって簡単にダメージを受けてしまうものです。さらに、一度ダメージを受けると、状態がどんどん悪化していくというリスクもあります。

ダメージを受けやすく繊細な歯だからこそ、日ごろのデンタルケアがとても大切です。私たちがしっかりとサポートしていきますので、皆さまの将来にわたるお口の健康を守るためにも、歯科治療と予防を始めていきましょう。

虫歯について不安なことがありましたら、ぜひ、ゆめの森歯科へお気軽にご相談ください。

  • スタッフブログバナー
  • ゆめの森歯科茅ヶ崎バナー
  • ゆめの森歯科藤沢バナー
  • ゆめの森歯科相模原バナー
  • ゆめの森歯科デンタルオフィスバナー
  • EPARK歯科web予約バナー
  • 歯科タウンバナー