MV背景MV背景
診療案内 義歯

加齢や病気・事故で歯を失うことは、誰にとってもショックなことです。しかし、歯の欠損に対して何もしなければ、健康面でのダメージがさらに深刻になります。

そうなる前に義歯(入れ歯)を作り、健康面・生活面での問題を少しでも減らすことが必要です。当院では患者さまのご希望を尊重した義歯をご用意していますので、ぜひ一度ご相談ください。

イラスト(花・座っている女の子)花

義歯(入れ歯)治療とは

義歯(入れ歯)治療では虫歯や歯周病、事故などが原因で歯を失った場所に、総入れ歯や部分入れ歯を入れて抜けてしまった部分を補います。歯と口腔環境の機能を取り戻し、食事やコミュニケーション、日常生活を問題なく送れるように治療を進めていきます。

失った歯は、そのままにしておくと危険です

虫歯や歯周病で抜歯をせざるを得ない場合、その後の対応もとても大切です。「虫歯治療・歯周病治療で歯を抜いたけれど、1本だけだから問題ない」と思ってしまう方が少なくありませんが、歯が1本でもなくなると健康へのダメージが大きくなってしまいます。

1本歯がなくなるとその場所にすき間ができ、隣の歯が傾いていきます。これによって歯並びや噛み合わせのバランスが崩れる・食事が噛みづらくなる・ほかの歯に負担をかけることにつながります。

こうして考えると、歯が抜けたことによる身体へのダメージは、決して小さいものではありません。

だからこそ、歯を失ったら早めに適切な対応をしていくことが大切です。「1本くらい歯がなくなっても大丈夫」と思わず、早めに義歯(入れ歯)治療を受け、失った歯を補っていきましょう。

このようなお悩みとご希望がある方におすすめです

  • 虫歯や歯周病で、抜歯をした
  • 歯がすべて抜けてしまった
  • 事故で歯を失った
  • 抜けた歯の場所を補いたいけれど、インプラント治療が難しいと言われた
  • 現在使っている義歯(入れ歯)が合わない

義歯は、歯を失った後の生活の質を維持するために役立つ治療です。また、当院では現在の義歯が合わない場合にも対応いたします。義歯についてお悩みのある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

当院の義歯(入れ歯)治療

ゆめの森歯科では、「部分入れ歯」「総入れ歯」「自費診療での義歯(入れ歯)」「保険適用の義歯(入れ歯)」をご用意しています。食事やコミュニケーションでの不便さを解決するだけでなく、噛み合わせにも配慮した治療で、患者さま一人ひとりに満足していただける義歯をご提供します。

大まかな入れ歯の種類

●部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯は、1本から数本単位での欠損に対しての治療法です。抜いた歯の隣にある歯にばねをかけ、人工の歯を被せて歯の欠損を補います。

●総入れ歯

総入れ歯

すべての歯を失った場合に使われる治療法です。歯茎に床を設置して安定させ、本来のお口・歯の機能を補います。

自費診療の義歯(入れ歯)

自費診療で製作する義歯には、「ノンクラスプデンチャー」「マグネットデンチャー」「金属床義歯」があります。

●ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

ばねを使わずに装着するタイプの義歯です。歯茎部分に対しては弾力性のある素材を使用するため、装着時のフィット感の良さが支持されています。また透明な素材を使うことから、審美面での仕上がりの良さも期待していただけます。

金属を一切使用しないので、金属アレルギーの心配がないことも選ばれている理由のひとつです。

●マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯の根に磁性筋肉を設置し、磁石のついた入れ歯を被せる方法です。磁石の力を使っているために接着力に優れ、ずれたり外れたりするデメリットを軽減できます。見た目にも目立ちにくく、他人から知られる心配も減らせます。

●金属床義歯

金属床義歯

床部分に金属を取り入れたタイプの義歯で、装着時の違和感が少なくフィット感に優れていることが特徴です。機能性と強度にも優れており、天然歯に近い状態で食事を楽しんでいただけます。

当院の金属床義歯では、ゴールド・チタン・コバルトクロムをはじめとする、アレルギーのリスクの少ない金属を使用し、装着後の体調面での負担を抑えています。

保険適用の義歯(入れ歯)

入れ歯を被せる土台にプラスチックの素材を使います。自費診療の入れ歯よりは安定性や強度、審美性の面で劣りますが、製作にかかる費用を抑えられるというメリットがあります。

義歯(入れ歯)治療の流れ

当院の義歯(入れ歯)治療の流れは、以下のようになります。

ご来院

ご来院

ご予約後、ご来院ください。当院では、患者様になるべくお待ち頂かないようにするため、事前のご予約をおすすめしております。お電話でもご予約を受け付けております。ご予約の際に症状や状態についてお伝えください。

カウンセリング

カウンセリング

入れ歯(義歯)治療に関する患者さまのご希望をお伺いします。かかる費用と時間、治療内容についてご説明しますので、不安なことがありましたらお気軽にご相談ください。

検査

検査

患者さまの口腔内を確認していきます。また、型取りをおこない、入れ歯の形を決めていきます。

治療開始

治療開始

現在のお口のご状態とご希望に合わせた治療計画を作成します。患者さまに納得していただいた後、入れ歯の製作を始めます。

メンテナンス

メンテナンス

入れ歯完成・装着後、定期的にご来院いただき、手入れや調節をおこないます。また、虫歯や歯周病のチェックもおこない、お口全体も健康な状態にしていきます。入れ歯を長持ちさせるためにも、メンテナンスも頑張っていきましょう。

イラスト(花・座っている女の子)

保険治療と自費治療の入れ歯の違い

保険治療の入れ歯 自費治療の入れ歯
メリット ・保険適用のため費用が安い ・床が薄くて違和感が少ない
・人工歯の審美性がよい
・床の審美性がよい
・熱伝導率がよく食事がおいしい
・入れ歯の種類が豊富
デメリット ・床に厚みがあり違和感がある
・床に厚みがあり、食べものの熱を感じにくい
・審美性に劣る
・床に厚みがあり違和感がある
・床に厚みがあり、食べものの熱を感じにくい
・審美性に劣る

噛み合わせにも徹底配慮した対応です

高品質な義歯を選んでも、噛み合わせが適切でなければ快適な使い心地は得られないものです。当院では噛み合わせの重要性を理解し、患者さまお一人おひとりの噛み合わせに合わせて義歯を細かく調整するようにしております。

ゆめの森歯科からのメッセージゆめの森歯科からのメッセージ

「虫歯がひどくなり、抜歯をした」「歯周病のために歯を抜かなければならなかった」、このような理由で歯を失わざるを得ない方は、決して少なくありません。例え1本であっても、歯は私たちにとって大切な身体の一部であることから、失うときのショックは計り知れないものです。

歯の大切さは失ってから改めて気づくものだからこそ、失った後もきちんとケアをすることが大事です。そのためにも早い段階から義歯を作り、今まで通りに近い生活を送れる環境を整えていきましょう。

ゆめの森歯科では患者さま一人ひとりが生活の質を向上させられるような義歯治療をおこなっています。抜いた歯や義歯について不安のある方は、ぜひ当院にご相談ください。

  • スタッフブログバナー
  • ゆめの森歯科茅ヶ崎バナー
  • ゆめの森歯科藤沢バナー
  • ゆめの森歯科相模原バナー
  • ゆめの森歯科デンタルオフィスバナー
  • EPARK歯科web予約バナー
  • 歯科タウンバナー