MV背景MV背景
診療案内 口腔外科
 
 

ある日突然、親知らずが痛み出した。あくびを開けると顎が痛い。こうした症状は口腔外科の治療が必要になります。

当院では高い専門性での治療と万全な環境を整えていますので、親知らずや顎関節症にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

イラスト(花・座っている女の子)花

口腔外科とは

口腔外科では、親知らずや顎関節症をはじめとする口腔機能全体を診断したり、外科的な対応が必要な症状の診療をおこないます。

口のなかの不調と言えば虫歯や歯周病を思い浮かべますが、それだけにとどまらず、親知らずの痛みも多くの患者さまに起こる症状だと言えます。親知らずの場合もさまざまな歯の病気と同じように、早めの対応で解決していくことが必要になります。

口腔外科の目的のひとつとして「患者さま一人ひとりのお口の機能を回復する」ことが挙げられます。食事や会話に困ることなく、スムーズかつ快適に使える口の機能で、患者さまの生活の質を向上していくことも、口腔外科の役割です。

親知らずの抜歯

主に成人するまでに生えてくる親知らずには、「抜くべきタイプ」と「抜かずにとっておくべきタイプ」があります。

親知らずの抜歯が必要かどうか悩まれる患者も少なくありません。

まわりの歯や口腔環境に悪影響を及ぼしている親知らずの場合、抜歯が必要になります。一方、問題ない方向に生えており、痛みがない場合には抜歯の必要はありません。

しかし、自己判断せずに歯科クリニックを受診し、親知らずの抜歯の必要があるか歯科医師に聞くようにしましょう。

抜いたほうがいい親知らず

・まわりの歯を虫歯に感染させるリスクがある
・虫歯になっている
・まわりの歯を押している
・完全に生えずに歯茎に埋もれる形で、痛みを起こしている
・口臭が目立つ
・頭痛や鼻詰まりの原因になっている

上記のように、まわりの歯や口腔環境、全身の健康状態を悪くしているのであれば、抜歯が必要です。

抜かなくても問題がない親知らず

まっすぐに生えてきている親知らずで、痛みやまわりの歯に影響のないものでは抜歯の必要はありません。

例えばほかの歯を抜歯する場合などに、ブリッジとして必要になる場合もあるので、抜かずにとっておくほうが良いと判断されることもあります。

ただ、適切な状態で生えてきている親知らずも、途中で虫歯や歯周病になれば抜歯が必要になります。抜く必要がないからと安心せず、引き続き丁寧なブラッシングとデンタルケア・定期検診を受診することで、歯をしっかりと健康に守っていきましょう。

1. 耐久性に優れた、抜群の使い心地

金属に変わる素材として注目を集めるsurgeryは、耐久性に優れていることが第一のメリットです。見た目は非常に薄く見えますが、割れにくく欠けにくく、長期間使用していても壊れにくいという性質があります。

2. まわりの歯にもしっかりと馴染みます

通常の被せ物治療の場合、噛み合わせの相手となる歯を削るリスクが生じますが、surgeryではその心配がありません。まわりの歯と馴染みがよく、お口に優しいことが特徴のひとつです。

3. 見た目にも美しく仕上がります

surgeryにはさまざまな色があり、患者さまの歯の色に合わせて選ぶことが可能です。詰め物・被せ物治療やブリッジ治療を受けていることを他人に知られる心配がなく、外見上でのコンプレックスに悩まずに毎日をお過ごしいただけます。

 

このような症状が出たら、ご相談ください

  • 親知らずを抜くかどうか迷っている
  • 親知らずが生えてきて痛い
  • 親知らずに虫歯ができてしまった

抜歯の必要がなくても健康状態を悪くしてしまうケースがあるため、親知らずが生えてきたら早めに歯科クリニックを受診し、状態を確認してもらいましょう。当院でも親知らずの診療をおこなっていますので、お気軽にご相談ください。

当院の口腔外科治療

ゆめの森歯科では、親知らずの抜歯をはじめとする口腔外科治療に対応しています。歯科用CTをご用意し、口腔外科治療に高い専門性を持つ歯科医師が治療をおこないます。

1. 歯科用CTを駆使し、より適切な治療につなげます

より安全に親知らずの抜歯を行うために生え方や神経の位置・血管の位置を適切に把握したうえでの処置が必要です。

当院では安全かつスムーズに親知らずの抜歯を完了できるように、歯科用CTを使用しています。

神経や血管の位置・親知らずの生えている方向などをCTでしっかりチェックしながら、できるだけ短時間に親知らずを抜歯していきます。

CTを使用することで抜歯にかかる時間も短縮することができ、患者さまのご負担も軽減されます。

2. オペ室をご用意しています

当院では口腔外科用オペ室(ゆめの森デンタルオフィス内)を個室としてご用意しております。

複雑な親知らずやインプラント治療など、外科的な対応が必要な場合には、こちらのお部屋にご案内いたします。

室内は滅菌や消毒が徹底されており、器具もオペ専用のものを使用します。清潔面に徹底したオペ室で施術を受けていただくことで、細菌感染などの施術時のリスクを最大限回避するように徹底しております。

3. 口腔外科治療に高い専門性を持つ歯科医師が担当します

当院での口腔外科治療は経験豊富な歯科医師がおこないます。親知らずやインプラント、口腔外科に関して専門性が高く、経験豊富な歯科医師による施術を受けていただけます。

 

口腔外科治療の流れ

当院の口腔外科治療の流れは、以下のようになります。

ご来院

ご来院

まずはご来院ください。ご予約の際に症状や状態についてお伝えください。

検査

検査

パノラマレントゲンや歯科用CTを使い、親知らずの生え方や状態を確認します。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

抜歯が必要となる場合、治療・処置をおこないます。まずは麻酔の注射を打つ表面にジェル状の表面麻酔を塗布します。表面麻酔が効いたことを確認した後、できるだけ痛くないように麻酔には細い針を用いて、一定のスピードで丁寧に麻酔を打っていきます。麻酔が効いたことを確認したら、親知らずの抜歯を行います。治療中に痛みを感じることはほとんどありません。痛み止めを処方いたしますので、抜歯後にお痛みが出た場合にご利用ください。

抜糸

消毒・抜糸

親知らずの抜歯後には消毒のために来院していただきます。また症状が安定したころ(約一週間後)に再度ご来院いただき、抜糸をしたら親知らずの治療が完了です。

イラスト(花・座っている女の子)

ゆめの森歯科からのメッセージゆめの森歯科からのメッセージ

永久歯が生えそろい、歯の成長がひと段落着いたと思った矢先に出てくるのが、親知らずです。あまりの痛みに身体も心も落ち着かない日々を過ごす方が少なくありません。

そして、親知らずについて患者さまが不安に思うことは、やはり「抜くか、抜かないか」です。ゆめの森歯科では、患者さまの現在の親知らずの生え方やまわりの歯への影響を考慮したうえで、親知らずを抜いたほうが良いかどうかをしっかりとお伝えさせていただきます。

また、抜歯が必要な場合にもできるだけ痛くない・怖くないように最大限考慮しながら進めていきますので、ご安心ください。親知らずの抜歯や口腔外科治療についてお気軽にご相談ください。

  • スタッフブログバナー
  • ゆめの森歯科茅ヶ崎バナー
  • ゆめの森歯科藤沢バナー
  • ゆめの森歯科相模原バナー
  • ゆめの森歯科デンタルオフィスバナー
  • EPARK歯科web予約バナー
  • 歯科タウンバナー