MV背景MV背景
お悩み別メニュー 歯が痛い・染みる・穴が開いている・歯が黒いお悩み別メニュー 歯が痛い・染みる・穴が開いている・歯が黒い
 
 

歯が痛い・染みる・穴が開いている・歯が黒い・・・虫歯が原因かも?歯が痛い・染みる・穴が開いている・歯が黒い・・・虫歯が原因かも?

「歯がズキズキ、シクシクと痛む」「冷たいものや熱いものを食べたり飲んだりすると、しみるような感じが気になる」「鏡を見たら歯に小さな穴が開いていた」「歯がうす黒くなっていた」・・・。このようなお悩みを抱えている方は、決して少なくありません。おさまったりぶり返したりする症状や、目に見えてわかる歯の変化に、不安を感じられている方も多いかと思います。

この虫歯は放置して改善することはありません。早めの受診をおすすめします。

歯に深刻なダメージを与えてしまう虫歯

虫歯とは、口のなかに棲みついている虫歯菌によって進行する病気です。歯の表面にある歯垢(プラーク)に虫歯菌が棲みつくと、糖分を養分にして酸を作り出します。ここでできる酸が歯の表面を溶かし、穴をあけたり変色させたりして、虫歯の症状を進行させていきます。

虫歯の原因は、主に生活習慣から来ているケースが多いです。普段から間食として甘いものを好んで食べたり飲んだりする方、ブラッシングが不十分だったり磨き方が正しくない方は、とりわけ虫歯になりやすいと考えられています。

大人の方でもかかりやすい虫歯

「幼いころに虫歯になり、保護者の方に連れられ、怖い思いをしながら歯科治療を受けた」という経験のある方も多いでしょう。そのような記憶のイメージの強さから、「虫歯はお子さまに多い症状だ」と思われがちですが、成人しても虫歯になるケースも珍しくありません。

年齢に関係なく適切な早期治療と丁寧なデンタルケアを意識し、虫歯の進行を防ぐことが大事です。

虫歯を放置すると、抜歯が必要なレベルになるケースも虫歯を放置すると、抜歯が必要なレベルになるケースも

虫歯になると、はじめのうちは少し症状があったり違和感を覚えたりしますが、しばらく時間がたつと平気になってくることがあります。それを理由に「まだ大丈夫」だと思い、歯科治療を受けずに放置してしまう方が多いものですが、どのような状態であっても早期対応が重要であることには変わりません。

虫歯が進行すると、歯の表面のエナメル質だけでなく、その奥の象牙質や神経、歯根にまでダメージが広がっていきます。

神経や歯根がダメージを受けるまで虫歯が悪化すると、神経を取り除いたり歯を抜いたりする必要性が生じてくることから、そのようなリスクを避けるためにも症状に気づいた時点で対応を考えることが不可欠です。

痛みを感じなくても、虫歯の症状は進んでいます

多くの患者さまにとって、虫歯から連想する自覚症状は「痛み」ではないでしょうか。刺さるような痛みとしみるような感覚が出始めて、虫歯にかかっていると気づかれる方がほとんどだと言えるでしょう。

一方、「痛み自体はないにもかかわらず、歯科クリニックで検査を受けたら虫歯の症状が深刻な状態にまで進んでいると言われた」というケースもあります。気づかないうちに虫歯が歯を侵食し続け、神経にまでダメージをもたらしていたと後からわかるためです。

わずかな痛みや異変でも楽観視せず、症状に気づいたらいち早く歯科クリニックを受診し、検査と治療を受けることが何より大切です。

 

しっかりとブラッシングをしているのに、虫歯になる!?しっかりとブラッシングをしているのに、虫歯になる!?

「虫歯予防のために、毎日しっかりとブラッシングをしなさい」、私たちは保護者の方や歯医者さんから、このように言われて育ちます。それでも、「しっかりと毎日ブラッシングをしているのに、虫歯になってしまう」という方も珍しくありません。

私たちの歯並びや噛み合わせ、口腔内の細菌の状況はそれぞれ違うため、適切な磨き方も状態によって患者さまおひとりおひとりで異なります。したがって、ほかの方にとっては適切でもご自分にとっては合わない磨き方をしていて、知らぬ間に虫歯の原因を作っていた、ということも珍しくありません。

「ブラッシングをしていても虫歯にかかりやすい」とお悩みの方は、一度歯科クリニックで状態を確認し、ご自分に合ったブラッシング方法を教えてもらうといいでしょう。

 
 

虫歯対策には、早めの治療が大事です

「虫歯になったら、いつから治療を始めたらいいいの?」と迷われる方が少なくありません。しかしどのステージであれ、症状に気づいたときが治療を始めるための適切なタイミングです。

症状と状態に合わせた治療と対応を進めることで、さらなる悪化を防げるようになります。ゆめの森歯科では患者さま一人ひとりに適した虫歯治療をおこないますので、症状にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

なるべく削らない虫歯治療

当院の虫歯治療におけるモットーは、「なるべく歯を削らずに守る」ことです。歯を削ることは虫歯治療における一般的な手段ですが、過剰な切削は天然歯に必要以上のダメージを与えてしまうリスクがあります。

当院では天然の歯へのダメージをできるだけ抑えるよう、必要最低限の切削量に留めるようにしています。

噛み合わせにも配慮した治療です

虫歯治療の手段として詰め物・被せ物を作製する際、噛み合わせのバランスにも考慮する必要があります。噛み合わせが悪いと全体的な歯のバランスに悪影響が及ぼされ、ほかの歯に負担がかかったり、歯並びが悪くなる原因となります。

当院では噛み合わせに高い専門性を持つ歯科医師が在籍し、院内技工士と連携して、詰め物・被せ物治療を行います。患者さま一人ひとりに満足度の高い治療を受けていただけるように、噛み合わせに配慮した治療に力を入れています。

知覚過敏への治療もおこないます

「虫歯はないけれど、冷たい物を飲んだり食べたときに歯がしみる」というケースでは、知覚過敏になっている可能性があります。当院では知覚過敏の方に向けた治療もご用意しています。

患者さま一人ひとりの知覚過敏の原因を確認し、薬の処方やレーザー治療、歯ぎしりが原因の場合には専用のマウスピースをお渡しするなど、状況に適した治療を選択します。

歯の痛みや知覚過敏にお悩みの方はゆめの森歯科にご相談ください

大人になっても多くの方にとって悩みの種となる「虫歯」や「知覚過敏」。さまざまな症状や変化に、気持ちも身体も振り回されてしまいます。

虫歯や知覚過敏によるストレスを緩和させ、患者さまが健全で清潔な口腔環境を整えられるよう、当院では「痛くない」「できるだけ歯を削らない」治療をご用意しています。痛みや歯科治療に恐怖心をお持ちの方も、安心して虫歯治療を受けていただけるように麻酔と患者さまとのコミュニケーションに力を入れた治療をご用意しております。

「もしかして、虫歯かも?」「歯が痛い気がする」と感じたら、お気軽にご相談ください。

  • スタッフブログバナー
  • ゆめの森歯科茅ヶ崎バナー
  • ゆめの森歯科藤沢バナー
  • ゆめの森歯科相模原バナー
  • ゆめの森歯科デンタルオフィスバナー
  • EPARK歯科web予約バナー
  • 歯科タウンバナー