MV背景MV背景
お悩み別メニュー 入れ歯が合わない・不便
 
 

入れ歯が合わないときに出る悩み

病気や事故、加齢によって歯を失ったときには、義歯(入れ歯)治療やインプラント治療、ブリッジ治療を受け、できるだけ早くに欠損を補う必要があります。しかし、ただ歯の欠損を補うのではなく、噛み合わせや歯の形、将来的な健康を考えた対応が欠かせません。

合わない入れ歯を使っていると、「装着しているときに歯茎が痛くなる」「痛みが強いせいで食べ物を噛めない」「口のなかの粘膜や歯茎がすれてしまい、傷つきやすくなる」など、さまざまな問題が出てきます。そのようなときには我慢せずに歯科クリニックを受診し、相談や義歯(入れ歯)の作り直しや調整を始めることがとても大事です。

合わない入れ歯で過ごすと起こるリスク

ご自分に合わない入れ歯を使っていると、次のような不調やお悩みが増えていきます。

残りの歯に負担がかかる

噛み合わせの悪さや歯ぎしりの癖がつき、残っている歯の寿命を縮めてしまいます。ついには入れ歯自体がはまらなくなり、使えなくなることもあります。

歯茎と粘膜が傷つく

歯茎の弾力が失われたり、入れ歯と粘膜がこすれ合って痛みを感じたりするリスクが高まります。

顎関節と骨に負担がかかる

合わない入れ歯で噛み合わせの悪い状態が続いていると、顎関節にも大きな負担がかかり、痛みを感じるようになります。また咀嚼が難しくなるため、あごの骨に咀嚼の力が伝わらなくなり、骨が痩せてしまうリスクも高くなります。

「合わないから」と入れ歯を使わないでいても、危険です

合わない入れ歯は装着しているだけでも痛みをもたらすことから、できれば外して過ごしたくなるものです。

しかし、入れ歯には歯の欠損によって失われた口腔機能を補う役割があるため、付けずに過ごすことは良い選択肢ではありません。歯の機能をきちんと使えない状態が続いていると、身体の機能が衰えたり認知症のリスクが高まったりなど、やがて不健康な状態で毎日を過ごす結果になってしまいます。

年齢を重ねても元気な身体を保ち、健康寿命を延ばすためにも、合わない入れ歯を放置せずに作り直すことが必要不可欠です。

使っていた入れ歯が合わなくなることも

作製した当時は問題なく入れ歯を使えていたものの、時間が経つごとに合わなくなるケースも少なくありません。そのようなケースでも我慢や様子見をせず、早めに歯科医院・クリニックに相談しましょう。

使っていた入れ歯が合わなくなる原因には、以下のようなものがあります。

骨格が変わった

私たちの歯はあごの骨に支えられています。そして、あごの骨は古い部分が分解されたり新しい骨が作られたりして、つねに変化や新陳代謝が繰り返されているものです。しかし高齢者の方はあごの骨の新陳代謝が活発におこなわれず、また骨が痩せていく傾向が強いため、骨の形が変わっていってしまいます。

そのなかで、入れ歯と口のなかにすき間ができ、最初に作った入れ歯が合わなくなります。

入れ歯が劣化した

入れ歯は一度作って完了するものではなく、使っていくなかで劣化します。これにより、噛み合わせが変化し、段々と入れ歯が合わなくなっていきます。

また、食事やお手入れ状態によって入れ歯が汚れ、食べかすや歯垢がついて劣化するケースも少なくありません。

 
 

インプラント治療とTUMで、再び快適な状態にインプラント治療とTUMで、再び快適な状態に

合わない入れ歯の不快感を解決するには、安定性の高い方法を選んだり質の高い入れ歯を作り直したりすることがおすすめです。ゆめの森歯科では患者さま一人ひとりが入れ歯に対してのストレスを軽減できるよう、「インプラント治療」「TUM治療」に対応しています。

審美性・機能性・耐久性に優れたインプラント治療

インプラント治療とは、あごの骨に土台を植え込んで人工の歯を被せる方法です。あごの骨に土台を結合させるため安定感が強く、天然の歯に似せた素材で人工の歯を作るため見た目にも目立ちにくく、食事もしやすいというメリットがあります。また、定期的なメンテナンスと手入れをしていれば長持ちさせることもでき、幅広い意味で使いやすいと患者さまからも好評です。

身体への負担を抑えたインプラント治療をおこないます

インプラント治療は歯の欠損を補う方法のなかでも人気が高く、実用性に優れていますが、外科手術をおこなう必要があります。当院では時間的・体力的な負担を抑えたインプラント治療をご用意しています。

あごの骨が足りない方への方法もあります

インプラント治療はあごの骨に土台をつける方法で、そのためにはあごの骨に十分なスペースが必要です。スペースが不十分であるためにインプラント治療を受けられない患者さまも多いことを考え、当院ではあごの骨を再生させる治療をご用意し、多くの方がインプラント治療を受けられる環境を整えました。

「あごの骨が足りないから、インプラント治療を受けられないと言われた」とお困りの患者さまも、ぜひ当院にご相談ください。

使い心地と審美性の良いTUMで、入れ歯を作製します

樹脂素材でできたTUM(タム)は、耐久性と審美性の良さが歯科治療の世界で高く評価され、詰め物・被せ物治療、ブリッジ治療に使われています。もちろん義歯(入れ歯)にもとても適した素材で、患者さまからの評価も高いです。

TUMで入れ歯を作製すると、薄くて強い仕上がりになり、すっきりとした心地よい使い心地を期待していただけます。通常の入れ歯のようにばねを使用せず、また天然の歯の色にも近いため、まわりから入れ歯をつけていることを知られる心配もせずに済みます。

「なじみが良い義歯(入れ歯)を作りたい」と希望される方には、TUMがおすすめです。

合わない入れ歯にお悩みの方は、ご相談ください

天然の歯を失って入れ歯を作ると、「病気だから」「もう年を取ったから」とあきらめの気持ちが生まれる方が多いことでしょう。生活に支障が生じないように作ったはずの入れ歯が合わず、ストレスを感じたり使わなくなったりして、予想外のストレスに悩まされることもあります。

しかし、ご自分にぴったりと合った入れ歯は、ライフスタイルをぐんと楽しくしてくれるものです。食べ物の美味しさを今まで通りに味わうことができ、家族や友人との会話も弾む、そんな生活を取り戻せるようになります。

ゆめの森歯科では患者さま一人ひとりが理想のライフスタイルを満喫できるよう、インプラント治療とTUM治療をご用意しました。

「ただ使いやすいだけでなく、患者さまが心身ともに健康的な生活を送れる」ことをモットーに、院内に在籍している歯科技工士とチームワークを組み、また噛み合わせに配慮を尽くした義歯(入れ歯)を仕上げていきます。また外科手術が必要になるインプラント治療の際には、患者さまに質の高い治療を受けていただけるよう、緻密な作業が可能になる歯科用CTとオペ室を備えています。インプラント治療には症例実績が豊富な臨床技術担当理事が担当します。

合わない入れ歯でお悩みの方は、ぜひ私たちにご相談ください。

  • スタッフブログバナー
  • ゆめの森歯科茅ヶ崎バナー
  • ゆめの森歯科藤沢バナー
  • ゆめの森歯科相模原バナー
  • ゆめの森歯科デンタルオフィスバナー
  • EPARK歯科web予約バナー
  • 歯科タウンバナー