MV背景MV背景
お悩み別メニュー 失った歯を取り戻したい
 
 

歯が痛い・染みる・穴が開いている・歯が黒い・・・虫歯が原因かも?歯が痛い・染みる・穴が開いている・歯が黒い・・・虫歯が原因かも?

虫歯や歯周病などの病気、または事故や加齢によって歯を失ったとき、本来持つ歯の機能を補う必要があります。

「一本くらい歯がなくても大丈夫だろう」と思わずに、しっかり治療を受けるようにしましょう。

歯の欠損は口腔環境に大きく影響します

病気や事故で歯を失った後、「1本だけだから」と状態を放置してしまう方が少なくありません。しかし、歯が抜けた後に適切な対応をしなければ、将来的に想像以上に深刻な健康被害があらわれます。

歯並びが悪くなる

歯が抜けると、抜けたスペース側に、両隣にある歯が倒れこんできます。その結果、歯並びが悪くなると同時に噛み合わせにも悪影響が生じ、顎関節症や全身の症状が出るようになります。

また、歯が倒れ込んだ状態が定着してしまうと部分的な処置が難しいため、全体的な歯列矯正治療を受けざるを得なくなるケースが多いです。

さらに、抜けた歯と向かい合う歯「対合歯」の噛み合わせができなくなり、対合歯が伸びてきたり抜けてしまう恐れがあります。

歯茎の位置が下がる

歯を失うことで歯を支える骨が機能しなくなり、歯茎が退縮します。ひどい状態になると高度な手術が必要になるため、負担を抑えるには早めの対応が不可欠です。

また、歯茎が退職することで位置が下がると、口もとが老けた印象になってしまいます。

噛み合わせが悪くなる

歯がなくなると対合歯が伸びたり両隣の歯が倒れこんだりして、全体的な噛み合わせが悪くなります。結果、「食事がとりづらくなる」「なかなか良くならない身体の不調が目立ち始める」「顎関節症になる」などの不調が出るほか、お口全体の歯に負担がかかってしまいます。

このような状態を自力で解決することは不可能です。対応が遅れると状態はさらに悪化し、総入れ歯や複数歯へのインプラント治療が必要になるケースも少なくないため、歯を失った早期の段階で歯科クリニックを受診することをおすすめします。

健康面・生活面でのリスクが増えることも

歯を失うことは、口腔環境だけでなく全体的な健康や生活に悪影響を及ぼすリスクもあります。

胃腸の調子が悪くなる

噛み合わせが悪いと食べ物をきちんと噛めないため、食べ物が消化しづらい形で内臓に届くようになり、胃腸に負担がかかります。

脳への刺激が減る

噛むことは脳の血流の増加を促進し、脳の機能を適切な状態にするためのはたらきがあります。歯を失って噛む動きが弱まり、脳への刺激が減ってしまうと、認知症のリスクが高まるとも言われています。

顔の形が変わる

歯を失うと歯茎が下がったり、歯並びが悪くなるため、輪郭や頬の形もかわります。その結果、疲れた印象になったり、老けた印象になってしまう恐れがあります。

入れ歯が合わずに悩む方も多いです

歯を失ったらできるだけ早めの対応が必要ですが、失活歯を補う治療の対応次第によってライフスタイルの質が左右されるケースも多いです。

特に義歯(入れ歯)が合わないことを理由に、体調や生活が悪い状態に置かれている方がよくご来院されます。慣れない入れ歯で食事がとりにくくなったり、肩こりや頭痛をはじめとする不調に悩まされたりすることがあります。「せっかく作った義歯(入れ歯)だから」と放置し、悩みが大きくなってしまうケースも多いほどです。

義歯(入れ歯)が合わないと感じたら、我慢せずに歯科クリニックに相談し、作り変えや調節を頼むようにしましょう。

 
 

.義歯、インプラント、ブリッジ治療で、再び噛める歯を.義歯、インプラント、ブリッジ治療で、再び噛める歯を

ゆめの森歯科では、失った歯を取り戻すための手段として、「義歯(入れ歯)治療」「インプラント治療」「ブリッジ治療」をご用意しています。

患者さまのご希望に合わせた義歯(入れ歯)治療

当院では「総入れ歯」「部分入れ歯」それぞれに適した材質の義歯を揃えています。

総入れ歯とはすべての歯を失ったときに使われる方法で、部分入れ歯とは1本から複数本の歯を失ったときに使われる方法です。また、保険適用か自費診療のどちらを選ぶかにより、義歯(入れ歯)の使い心地も大きく変わります。

保険適用で義歯(入れ歯)を作製する場合、プラスチック素材を用いるケースが一般的です。治療費と作製費を下げられる反面、「厚く仕上がる」「食事がしづらいときがある」「審美性に欠ける」などのデメリットが生じますが、日常生活に支障が生じない程度での義歯(入れ歯)を希望する方には適していると言えます。

自費診療で義歯(入れ歯)を作製する場合、当院では「ノンクラスプデンチャー」「マグネットデンチャー」「金属床義歯」からご希望のタイプを選んでいただけます。

保険治療においても自費診療においても、患者さま一人ひとりのご希望と健康を尊重したうえで義歯(入れ歯)を作製しますので、気になることや不安な点がありましたらお気軽にお話しください。

天然の歯に近い使い心地のインプラント

「なるべく天然の歯に見えるような治療がしたい」「食事の楽しみを失いたくない」という場合には、インプラント治療がおすすめです。

インプラントは見た目も色も天然の歯に近く、噛み心地に優れ、あごの骨と結合させることから安定性も確かなものになります。部分入れ歯やブリッジ治療のようにまわりの歯に負担を与えることもないため、口腔環境にも優しい仕上がりになることもメリットのひとつです。

違和感の少ない仕上がりが期待できるブリッジ

ブリッジ治療は両隣の歯を土台にして、歯を失った箇所に人工の歯をかける方法です

両隣の歯を削る必要がありますが、安定性に優れ、治療費を軽減させることが可能なため、負担を抑えて治療を受けたい方には適しています。

失った歯を取り戻すなら、ご相談ください

私たちにとって、歯は大切な身体の一部。大切な歯を失うことは、例え1本であっても大きな負担に感じられてしまうものです。

しかし、その後の対応をしっかりとしておけば、歯を失う前と近い状態でライフスタイルを過ごすことは十分に可能です。当院では患者さま一人ひとりがお口のことで悩まずにいられるよう、失った歯を取り戻すための治療をおこなっています。

義歯(入れ歯)治療、インプラント治療、ブリッジ治療とともに、歯と口腔機能を取り戻すと同時に噛み合わせにも配慮した対応に尽くし、患者さまが治療後に健康的な毎日を過ごせるような治療を進めていきます。また外科手術が必要な治療においては、歯科用CTやオペ室を揃え、一つひとつのプロセスにおいて適切な処置ができるような環境を整えました。

日常生活を快適かつ健康的に送るためには欠かせない歯だからこそ、最初から最後まで満足していただける治療に努めます。私たちとともに、失った歯と楽しい生活を取り戻していきましょう。

  • スタッフブログバナー
  • ゆめの森歯科茅ヶ崎バナー
  • ゆめの森歯科藤沢バナー
  • ゆめの森歯科相模原バナー
  • ゆめの森歯科デンタルオフィスバナー
  • EPARK歯科web予約バナー
  • 歯科タウンバナー