MV背景MV背景
お悩み別メニュー 銀歯が気になる
 
 

銀歯の方に多い悩み

虫歯によってダメージを受けた歯を補う治療に用いられる銀歯。耐久性に優れ、強く噛みしめても欠けたり変形したりするリスクは低いものの、見た目の問題で悩んでいる患者さまが少なくありません。

また、銀歯には金属アレルギーや歯ぐきの黒ずみのリスクも伴うため、セラミック治療などで再治療される方が増えています。

銀歯が気になって人前で大きく口を開けられない

家族や親しい友人と話しているときは、他愛のない話をしたり談笑をしたり、ゆとりある楽しい時間を過ごしたいものです。しかし、笑ったときやお話をしたときに銀歯が見えてしまうことで、周囲の人の目が気になってしまう方も少なくありません。

「銀歯が気になって大きくお口を開けられない」「以前、銀歯を人に指摘されたのがコンプレックスになっている」そんな方もいらっしゃいます。

歯ぐきの黒ずみの原因になることも

銀歯から溶け出した金属イオンが歯茎に蓄積することで、歯ぐきが黒く変色してしまうことがあります。

歯ぐきの一部が黒ずんでいることで、せっかくお顔立ちが整っていても第一印象が悪くなってしまったり、どこか不健康そうなイメージを相手に与えてしまう原因にもつながります。

虫歯の再治療(二次虫歯)

金属の詰め物や被せ物は、治療当時はしっかりと歯に密着していても、経年劣化で少しずつセメントが溶けだし、ミクロのスキマが出てきます。ここに虫歯の細菌が入り込み、詰め物や被せ物の下で虫歯が再発してしまうケースが多くあります。

セラミックによる修復治療の場合は、接着方法はセメントではなく、科学的に接着させる薬剤を使用するため二次虫歯のリスクは格段に低くなります。結果的に歯を長持させることにつながります。

銀歯が身体の健康にダメージを与えることも

銀歯は審美的な問題だけでなく、実は全身の健康へのダメージにもつながることがあります。

金属アレルギーのリスク

保険治療で使われる銀歯は、主に「12%金銀パラジウム」という金属を使用しています。銀歯は完全に銀のみで構成されているわけではなく、金やパラジウム、銅、亜鉛、錫と合わさって、歯科治療に使用されます。

金属の混ざった材料で構成される銀歯には、金属アレルギーを起こす恐れがあります。(ドイツ等では使用が禁じられています)

また、今まで金属アレルギーの症状がなかった方でも、銀歯を入れることで金属アレルギーが引き起こされる可能性も否定できません。

金属アレルギーによって起こる症状

高温多湿で汚れやすい口腔内に居続けた金属は、金属イオンを発生させます。通常であれば金属イオン自体は排泄物や汗とともに排出されますが、わずかに残った金属イオンが体内に蓄積され続け、金属アレルギーとなって出てくるケースがあります。これにより、特に全身に問題が見られないのにアレルギー性の皮膚炎が生じるケースが、実際に少なくありません。

また、銀歯による金属アレルギーは、足の裏やお腹、手のひらなど、一見口や歯とは関係がない場所に起こります。本来皮膚に不調がないにもかかわらずアレルギーが出る場合は、銀歯による金属アレルギーがないか調べてみるといいでしょう。

身体にとって危険な金属が残っている場合も身体にとって危険な金属が残っている場合も

20年以上前に虫歯治療を受け、銀歯による詰め物・被せ物を作製した場合にも、注意が必要です。当時使われていた金属の素材「アマルガム」に、全身の健康を脅かすリスクが潜んでいるためです。

アマルガムは当時の保険治療で使われていましたが、身体に問題を生じさせる水銀を含んでいました。銀歯の装着後、すぐに健康面での問題が出るわけではないものの、長期的に考えると身体にダメージを蓄積させると現在では問題視されています。また、海外では妊娠中の女性やお子さまにアマルガムを使った銀歯作製を禁止しています。

銀歯治療を受けてから金属アレルギーやアレルギー性皮膚炎などの症状が目立ち始めた場合、アマルガムが引き金となっている可能性が考えられます。症状に心当たりがある場合、できるだけ早めに歯科医院・クリニックを受診して確認してもらいましょう。

 
 

セラミック治療とTUMで、ストレスの少ない口腔環境をセラミック治療とTUMで、ストレスの少ない口腔環境を

銀歯による見た目の問題と身体へのリスクを軽減させるには、セラミック治療とTUMを用いた治療がおすすめです。ゆめの森歯科では、様々な治療方法をご用意し、患者さま一人ひとりの快適なライフスタイルと健康促進をサポートしています。

美しく丈夫な仕上がりが期待できる、セラミック治療

セラミック治療では、天然の歯に劣らない美しさと強度、耐久性に定評がある金属フリーの素材を使用します。

大きく口を開けてもまわりに気づかれない自然な見た目、強く噛んでも欠けにくい丈夫さ、長持ちする耐久性の良さで、実際にセラミック治療を選択された患者さまからも好評を得ています。

また、金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配がないのもセラミック治療の大きな特徴です。セラミック自体が変色しにくい素材であるため、いつまでも白く美しいお口もとをキープしていただけます。

患者さまのご希望に合わせたセラミック素材をご用意します

当院のセラミック治療では、すべてがセラミックでできている「オールセラミック」、プラスチックと合わせた「ハイブリッドセラミック」、歯の表面を薄く削ってシェルを被せる「ラミネートベニア」をご用意しています。

一つひとつ性質や特徴が異なるため、当院では患者さま一人ひとりに納得していただける治療をご一緒に選んでいくようにしております。丁寧なカウンセリングと詳細なご説明に努め、患者さまのご希望とご意見を尊重したうえで治療を進めていきます。

薄くて強く、身体に優しいTUMも

TUM(タム)とは、現在歯科治療で「金属に変わる素材」として注目を集める、樹脂でできた素材です。薄い素材ながらも審美性と耐久性に優れ、また口腔環境とのなじみも良く、義歯(入れ歯)治療にも使われています。

もちろん詰め物・被せ物治療向けの素材としても役立つことから、新たな選択肢としてTUMを取り扱う歯科医院・クリニックも増えてきました。金属フリーなので身体へのダメージが少なく、見た目が天然歯に近いこともTUMの特徴です。

強く長持ちする詰め物・被せ物治療を受けたい方に、TUMがおすすめです。

銀歯が気になる方はご相談ください

虫歯になって詰め物・被せ物治療を受ける際、銀歯を選択される方は少なくありません。強度に優れていますが、審美性や長期的な健康にとっては良くないケースもあります。

実際に、ほとんどの歯科医療従事者は、自分の治療に銀歯を選択することはありません。それは長年治療に関わり、銀歯治療の経緯を数多く見てきたためです。

健康へのダメージを避け、ストレスの少ない生活を希望される方のために、当院ではセラミック治療とTUMなど様々な治療法をご用意しています。どちらも見た目が天然の歯に近く、強く噛んでも欠けにくい・長年良い状態を維持できるといったメリットがあり、より満足度の高い治療としておすすめです。

「銀歯を白く再治療したい」「一度の治療で長持ちする治療を選びたい」「金属アレルギーの心配のない治療を受けたい」という方は、お気軽に当院にご相談ください。

  • スタッフブログバナー
  • ゆめの森歯科茅ヶ崎バナー
  • ゆめの森歯科藤沢バナー
  • ゆめの森歯科相模原バナー
  • ゆめの森歯科デンタルオフィスバナー
  • EPARK歯科web予約バナー
  • 歯科タウンバナー