MV背景MV背景
お悩み別メニュー 歯茎が腫れる・出血がある
 
 

歯茎が腫れる・出血がある・・・歯周病かも?歯茎が腫れる・出血がある・・・歯周病かも?

「歯茎が腫れて、赤や紫に色が変わっている」「ブラッシング中に出血がある」「歯肉がブヨブヨしていて、元気がない感じがする」歯茎に虫歯とは異なる症状があらわれ、「何が起こっているのだろう?」と不安を感じたことのある方も多いのではないでしょうか。

その症状、もしかしたら歯周病が進行しているサインかもしれません。歯周病が進行すると、最悪のケースでは歯を抜歯しなければならなくなってしまいます。

歯周病は「歯を失う原因」として一番多い疾患です。早めの受診をおすすめします。

歯周組織が破壊される原因になる、歯周病

歯周病とは、歯垢(プラーク)や歯石が作り出す「歯周病菌」によって引き起こされる病気です。歯周病菌が作り出す毒素が歯周組織に炎症を起こし、最終的には破壊されてしまうという恐ろしい病気です。

虫歯と同様に歯と口腔環境の健康状態を脅かす原因でもあるため、治療と同時に普段からのホームケアとプロフェッショナルケアが重要です。

いつの間にか「歯がグラグラ」。気づかないうちに進行する歯周病

虫歯になると、痛みやしみる感覚、歯の変色や変形などで症状にいち早く気付くことができますが、歯周病ではそのようなわかりやすい症状がありません。初期症状もはっきりしていないため、ある程度状態が悪化してから病気に気づく患者さまがほとんどです。

「自覚症状がわかりにくい」ことは確かに歯周病の特徴ではありますが、同時に歯周病特有の怖さでもあります。症状の進行を少しでも防ぐためには、わずかなサインでも軽視せず、治療と予防を始めていくことが大事です。

「歯茎が少し腫れている気がする」「ブラッシングすると歯茎から出血がある」と感じたら歯周病の初期から注意のサイン。速やかに歯科クリニックを受診するようにしましょう。

早めに対応しないと抜歯の必要性が生じるケースも早めに対応しないと抜歯の必要性が生じるケースも

歯周病は自覚症状があらわれにくい病気であるのにもかかわらず、進行性が強い病気という側面もあります。「歯がグラグラする」「歯茎の腫れがひどくなった」など、症状が悪化した際には歯を抜かなければならなくなり、天然の歯を失う引き金にもなってしまいます。

いずれ年を重ね、食事や会話を若いころほど楽しめない年齢に向き合うことになると漠然としたイメージを持っていませんか?しかし、しっかりとホームケアをし、私達プロフェッショナルのケアを定期的に受け、管理していくことで、不自由さを感じることなく生活を楽しむことも、もちろん可能です。そのために、長期的な健康をしっかりと見据え、天然の歯を1本でも失わないように心がけていくことは、非常に有意義な姿勢だと言えます。

歯周病が全身の健康を脅かすリスクも

歯周病によって引き起こされる問題は、歯や口腔環境だけにとどまりません。糖尿病や心臓病、肺炎、早産・低体重出産など、全身の健康状態や出産の安全性にまでダメージをもたらすことが、歯科治療の世界で問題視されるようになってきています。

歯周病の病原菌が全身に回ると、免疫機能をはじめとする身体の機能が衰えたり、身体の器官が正常に働かなくなったりします。また、歯周病が原因で持病が悪化するケースも珍しくありません。こうして考えると、歯周病によるリスクは非常に広い範囲に及ぶことがわかります。

 

歯周病の症状には、このようなお悩みもあります歯周病の症状には、このようなお悩みもあります

歯周病の症状は、歯茎の腫れや出血がよく知られていますが、「朝起きたとき、口がネバネバする」「口臭が気になる」「歯周ポケットにプラークがたまっている」「歯がグラグラする」「歯茎が退縮し、歯が長く見える」などの症状もあります。

このような症状が目立つ場合、状態がかなり進行しています。「何も対策をしなかったから、抜糸治療を受けることになってしまった」という結果を招かないよう、症状に気づいたら早めにご相談ください。

 
 

歯周病治療と根管治療で、症状進行を防ぎましょう歯周病治療と根管治療で、症状進行を防ぎましょう

ゆめの森歯科では歯周病に対し、歯周病治療と衛生士による口腔ケアをご用意しています。悪化した状況の改善だけでなく、予防を重視した治療もおこないますので、症状進行を防ぎつつ将来的な健康を守ることも可能です。

状態に合わせた歯周病治療で、悩みの解決をサポートします

当院では軽度の歯周病には「スケーリング」「ルートプレーニング」などの治療、重度の歯周病には「エムドゲイン療法」「GTR法」などの再生治療をご提供しています。

スケーリングとルートプレーニングでは、歯の表面についた歯垢や細菌を落とし、歯周病菌のダメージを受けにくい状態を整えることが目的です。健康な口腔環境ができるだけでなく、治療後の爽快感にも気づいていただけます。

エムドゲイン療法やGTR法などの再生医療は、歯周病によって失われたあごの骨を取り戻す方法です。専用の薬剤や治療法を使い、歯周組織の再生を目指していきます。

どのような状態であっても遅すぎるということはなく、可能な手段はあります。あきらめずに治療を始め、健康な口腔環境を再び手に入れましょう。

予防治療にも力を入れています

歯周病にきちんと対応するには、1回の治療だけでなく普段からのケアが大切です。当院では、予防を目的にした歯周病治療も取り入れています。

患者さまに定期的に通院していただき、高い技術と知識を持つ歯科衛生士が歯をクリーニングします。歯科衛生士の担当制も導入し、患者さまの状態をデータで保管しているため、治療過程を適切に把握したうえでのクリーニングができるようになっています。

感染に対応するための根管治療もおこないます

根管治療とは重度の虫歯への対応として知られていますが、歯周病治療に用いられるケースもあります。歯周病による感染が進むと歯の根がダメージを受け、歯はもちろん全身への健康被害が生まれてしまうためです。

当院ではそのリスクを避けられるよう、歯周病にも根管治療を取り入れています。歯科用CTをはじめとする詳細な検査結果を出せる治療環境を整え、患者さま一人ひとりに適切な治療を進めていきます。

症状にお悩みの方は、ゆめの森歯科にご相談ください

歯周病は世界で一番多い感染症といわれています。痛みや不快感、歯の変形をもたらす虫歯は怖いものですが、知らない間に症状が進行していく歯周病も、また恐ろしい病気です。症状を放置していると現状よりもさらにリスクが多い結果に見舞われることになります。

そのような悲しい結果を未然に防げるよう、当院では歯周病治療に対応しています。歯周病の進行具合に合わせた治療と歯周病を予防する処置を行ってまいります。

長期的なお口の健康を手に入れるためにも、ぜひ私たちと共に治療と予防を始めていきましょう。

  • スタッフブログバナー
  • ゆめの森歯科茅ヶ崎バナー
  • ゆめの森歯科藤沢バナー
  • ゆめの森歯科相模原バナー
  • ゆめの森歯科デンタルオフィスバナー
  • EPARK歯科web予約バナー
  • 歯科タウンバナー