【こどものおやつについて】

みなさんこんにちは(o^―^o)!

ゆめの森歯科キッチンスタッフの栄養士です♪

今日は、『おやつ』についてお話したいと思います。

 

『おやつ』と聞くと、みなさん 何を思い浮かべますか??

 

ケーキにドーナツにおまんじゅう・・・あっ!!この季節にはアイスも欠かせません!!

甘いものの後は、しょっぱいスナック菓子やおせんべい・・・喉が渇いたから・・・炭酸飲料!!

 

(画像はhttps://www.irasutoya.com/から転載さていただいております。)

 

・・・・・ん!!!???

 

『美味しいけど、絶対にダメなやつだよね??』ってみんなわかってる組み合わせですよね。

 

 

そもそもおやつとはなんでしょうか??

今一度、おやつの概念について考え直してみましょう!!!

おやつは何のために食べるのでしょうか??

 

食事と食事の間隔は、4~5時間が理想的と言われています。しかし、生活スタイルが多様化している今日、食事の間が多く空いてしまうことがあります。この、空いた時間に食べるものがおやつ=間食なのです。要するに、食事と食事の間の栄養補給なのです。

栄養補給・・・と、言うことは・・・おやつは、お菓子を意味するものではないのです!!!

 

 

おやつは一体何を食べればいいの??

おやつは、自分のライフスタイルに合った栄養補給として大事だと思います。

例えば・・・

塾や仕事などで頭を多く使う方にとっては糖質が多めのおやつ・・・果物やサツマイモ、おにぎりなどが良いですし、

部活や筋トレなど、体を多く使う方にとってはタンパク質を意識したおやつ・・・タンパク源の入ったおにぎり(鮭やツナ)やサンドイッチ(卵やツナ)、チーズやヨーグルトなどの乳製品も手軽に食べられておすすめです。

 

 

(画像はhttps://tsukatte.com/より、転載させていただいております)

色々な野菜やお肉を入れたスープでも、栄養が摂れて良いおやつと言えます。

わざわざ作らなくても、コンビニでも手に入る手軽なもので良いと思います。

 

こんなことを言っていながらも、私も甘~いケーキやチョコレートも食べたくなるし

スナック菓子だって食べたくなってしまいます…。ただ、これらは【おやつ】ではなく、

【嗜好品】だと言うことを忘れないでください!!お腹や栄養を満たす為ではなく

心の栄養・・・と、いいますか 楽しむ為のものとして、食べれば良いのです(^▽^)/

お菓子を食べすぎて、ごはんが食べられない~ということのないよう、食べすぎには注意をしましょうね!!!

そして、おやつの後は歯磨き!!!ですね( *´艸`)

(画像はhttps://frame-illust.com/から転載さていただいております。)

 

 

さて、次はレシピコーナーです!!

今日のテーマである「おやつ」にピッタリ!な、1品で栄養バランスの良い手作りおやつを紹介します。

朝食にもピッタリな簡単レシピですので、是非 夏休みにお子様と一緒に作ってみてはいかがですか??それでは・・・Let’s Cookinng!!!


~材料(5人分)~

・小麦粉・・・100g

・ベーキングパウダー・・・4g

・牛乳・・・100g

・卵・・・1個

・砂糖・・・25g

・チーズ・・・50g

・ほうれん草・・・40g

 

(画像はhttps://japaclip.com/より、転載させていただいております。)


~作り方~


 

蒸し器のいらない、蒸しパン♪糖質もタンパク質も入っている理想的なおやつです!!

1歳以降の手づかみ食べのお子様には、砂糖を入れずに作ってあげると良いです。

生地はほのかに甘く、チーズのしょっぱさと合います。是非、試してみてください♪